『Bobathジャーナル』2002年6月 第25巻第1号(通巻68号) 


■巻頭言 日浦伸祐

■特集1:<成人脳卒中後遺症患者への早期からのかかわり>
ストローク・リハビリテーション・ユニット(回復期リハビリテーション)における脳卒中患者への多角的アプローチ:矢倉一・他
脳血管障害者の早期治療におけるボバース概念の適応:真鍋清則
脳卒中後遺症患者に対する早期からのリハビリテーションのかかわり:佐々木祐介・他
早期からのリハビリテーション:和泉智子・他

■特集2:<NICU環境における早期からのかかわり>
早期からのかかわり−NICU環境とNICUからのeariy intervention:河野由美・他
極低出生体重児への援助−NICUからのかかわり−:岸本久美・他
極NICUに於ける早期診断・早期療育:藤岡真紀・他

■教育論文
・出生前診断について:澤井英明
・重症心身障害児の胃食道逆流症の診断と治療:位田 忍
・脳性麻痺児における脳MRIの臨床的意義:荒井 洋

■症例検討
・特別養護老人ホームにおけるリハビリテーション:宝輪清美
■器具・アクティビティの紹介
ふくらませるActivity:工藤 亮
切る活動に着目して:金古英嗣
上部体幹支持機能付きヘッドレストの試作:西埜明寿香
お風呂でマット:稲垣勝弘

■用語解説
トーヌス:古澤正道

■海外トピックス
国際ボバースインストラクター会議議長報告:古澤正道

■ブロック報告
福井県ボバース研究会活動報告:山岸耕二

■文献抄録
リハビリテーションの新しい方法:古澤正道
歩行している片麻痺患者への速さに依存したトレッドミルトレーニング:古澤正道

■図書紹介(:紹介者)
日本国際保健医療学会(編):国際保健医療学:古澤正道
塚本芳久:運動の生物学〜臨床家のための運動学入門:古澤正道

利根川進:私の脳科学講義:古澤正道
多賀厳太郎:脳と身体の動的デザイン:杉本和彦
■学術局ニュ一ス
■研究会のお知らせ
■編集後記